「山形女性医師ネットワーク」のお知らせ

九州大学病院の「女性医療人きらめきプロジェクト」の紹介です

以前にこのHPで東京女子医科大学の女性医学研究者支援事業を御紹介しましたが、今回は、九州大学病院の「女性医療人きらめきプロジェクト」を御紹介します。

九州大学病院および医学部・歯学部は、平成19年度文部科学省の「大学改革促進事業」の一つである「地域医療等社会的ニーズに対応した質の高い医療人養成促進プログラム」に採択され、平成19年9月、「女性医療人きらめきプロジェクト」を立ち上げたとのことです。
このプロジェクトは、出産育児介護などライフステージにより休職や離職を余儀なくされる女性医療人(女性医師・歯科医師・女性看護師など)が、プロフェッションを継続できるシステムを構築することが目的とされています。長期休業中の女性医療人に対する教育研修プログラムの提供、ニーズに合わせた多様な雇用形態の選択を可能にし、家庭と仕事の両立をサポートする、これらの目的のために、「女性医療人教育研究実践センター」が新設されました。非常勤女性医師や看護師によるワークシェア・フレックス制で運営する「女性医療人ステップアップ外来」を設置し復職へのステップアップとする事業が、大変ユニークだと思います。
詳しくは、九州大学病院の「女性医療人きらめきプロジェクト」のHP http://kirameki.med.kyushu-u.ac.jp/ を御参照下さい。

このような取り組みが全国各地で広がっていくことを強く望みます。