「山形女性医師ネットワーク」のお知らせ

山形大学医学部学生主催の講演会が開催されました

以前にご案内した、山形大学医学部の学生さん主催の講演会が、本日、10月2日17時から山形大学医学部学生会館で開催されました。

講演会のテーマは「どう生きる?-医師として 女性として-」で、医学生、特に女子医学生が具体的な人生プランを設計する手助けをすることと、全医学生対象に職場環境対策などの日本の医療社会が抱える問題や展望を考えることが目的です。

学生約60人(うち男子学生が10人弱)と多くの参加者があり、5人の医師の体験談を中心に、総合討論も行われ、約2時間半の大変有意義な講演会でした。講演内容は、
①「医師・医学研究者として働いて」(山形大学医学部勤務女性医師)
②「妊娠・出産・子育てを経験して」(診療所開業女性医師)
③「女性医師の夫として」(女性医師を配偶者にもつ男性医師)
④「女性医師の仕事と結婚」(医療機関勤務女性医師)
⑤「女性医師が仕事をするということ」(山形女性医師ネットワーク会長)
でした。「山形女性医師ネットワーク」では、学生さんからの企画に沿って、演者の選定・依頼に協力させていただきました。演者①②④⑤は当ネットワーク会員、③は会員の夫君です。講演会終了後、茶話会が開催され、和やかな雰囲気のなかで学生さんとの交流ができて、大変良かったです。

学生さん達は、今後もこのような講演会を年1-2回継続して行きたいとのことでしたので、ますますの発展を期待しています。