「山形女性医師ネットワーク」のお知らせ

2007年度総会・第4回運営委員会を開催しました

本日、6月10日、案内しておりましたように、「山形女性医師ネットワーク」の第4回運営委員会と2007年度総会を開催しました。

2006年度の活動報告、2006年度の会計報告および会計監査報告が行われ、決算が承認されました。

任期満了による役員改選が行われ、会長・副会長2名・会計監査役2名が再任され、運営委員は9名が再任、1名が新任されました。

会則の改定案(名誉会員の新設について)を検討し、原案通り、総会で会員の中から名誉会員を選定することができる、年会費はなしとすると決定しました。会則を更新しました。顧問1名を、名誉会員に選定しました。

2007年度の活動予定および予算案が検討され決定しました。

今年度も「山形女性医師ネットワーク:女子医学生・研修医との集い」を開催することとしました。「平成19年度山形県委託女性医師サポート事業(女性医師と女子学生の集いの開催)」として、山形県から450,100円の委託金が決定しています。また、7月にも山形大学医学部近くで、少人数の茶話会形式の「集い」を開催することし、早急に日程・会場の調整、参加募集・勧誘を行うこととしました。

機関誌(会員エッセー集)を2008年3月までに発行することとしました。各会員の体験談などを書き、医学生・若い女性医師に向けての情報となることを主たる目的とします。詳細が決定次第、各会員に原稿依頼いたします。

総会終了後12:00~、霞城セントラル24階「ひろぜん」で懇親会を行いました。

以下に議事録を掲載いたします。

**************************************

「山形女性医師ネットワーク」2007年度総会 議事録
2007年6月10日(日)11:00~12:00
山形市市民活動支援センター「高度情報会議室」
〒990-8580 山形市城南町1-1-1 霞城セントラル23階 TEL 023-647-2260

出席者8人。他に委任状16通。

議事
1. 2006年度活動報告
(1)女性医師のパート・非常勤・代診などの就業支援「仕事さがしネット(仮称)」については、2005年度に、登録用紙案の検討を行ったが、実際に運営するには就職斡旋業としての資格が必要となり、現在の「山形女性医師ネットワーク」では困難であることがわかった。2006年度は、山形県が開設する、男性医師も含めた医師職業紹介システム「山形県ドクターバンク事業」に、事業内容(登録項目の検討・運用の仕方など)についてのヒアリングへの協力を行った。特に、求職登録する病院・医院の登録項目に、院内保育所の有無があると望ましいとの要望を出し採用された。山形県ドクターバンク事業は、2006年11月に開設・運用開始され、山形県ドクターバンク事業のHPに当ネットワークへのリンクが設置されている。
(2)保育所、育児支援については、県内の病院を対象として院内保育所設置状況のアンケート調査を行った。2006年8月に、山形県内の70病院にアンケートを郵送し、54病院(77.1%)から回答を得た。うち、19病院に院内保育施設があるとのことで、その結果のまとめと、当ネットワークのHPへの公開許可をいただいた16病院についての概要をHPまた、山形大学医学部に2007年1月に24時間保育所が開設され、開設直後に事務局が見学した。
(3)DV被害者等支援については、2006年12月5日、パープルの会・NPO法人「サポート唯」が山形県内各機関・団体に呼びかけて開催した「DV被害者等支援ネットワーク形成にむけた研究協議会」に出席した。この協議会のあと、同席した山形県健康福祉部児童家庭課担当者より、県内各担当機関の連絡先も掲載された「DV相談の手引き」40部が当ネットワークに寄贈されたため、関連あると思われる会員に郵送した。2007年2月15日、山形県の「平成18年度DV被害者支援研修会」に出席し、福島県女性のための相談支援センター所長 掘琴美氏の講演「DV被害者の心理とDV相談の受け方」とワークショップに参加した。
(4)「第2回山形女性医師ネットワーク:女子医学生・研修医との集い」を、メディカルミズミーティング(会長:清水博 山形大学医学部医療政策学講座教授)との共催で2007年3月12日19:00~21:00、山形グランドホテルで開催した。NPO法人「女性医師のキャリア形成・維持・向上をめざす会」(ejnet)代表理事の瀧野敏子先生の特別講演、「女性医師が働きつづけるために~羽をエプロンに変えた母へのオマージュ~」を行い、後藤靖子副知事の出席もいただいた。出席者は36名で、山形大医学部医学科の4年から5年の学生12名、研修医1名の参加があった。

2. 2006年度会計報告
 資料1のとおり事務局から報告され、会計監査役から監査の結果適正であると報告され、承認された。

3. 役員改選
 任期満了による役員改選が行われ、会長・副会長2名・会計監査役2名が再任された。運営委員は9名が再任され、1名が新任された。

4. 会則改定の検討
 事務局から提案された会則改定案(名誉会員の新設について)を検討し、原案通り、総会で会員の中から名誉会員を選定することができる、年会費はなしとすると決定した。 顧問1名を、名誉会員に選定した。

5.2007年度活動予定および予算案
(1)女性医師のパート・非常勤・代診などの就業支援に関しては、山形県の男性医師も含めた医師職業紹介システム「山形県ドクターバンク事業」に、登録の呼びかけを行うこととした。また、全国各地の女性医師の就業支援事業の情勢を、引き続き調査することとした。
(2)保育所・育児支援については、山形大学医学部24時間保育所の運営状況の調査などを継続することとした。
(3)「女性や子供、高齢者に対する暴力等(DV及びファミリ-バイオレンス)被害者支援対策打ち合わせ会」については、引き続き参加することとした。
(4)「山形女性医師ネットワーク:女子医学生・研修医との集い」は、会員および非会員医師、学生・研修医の懇親を目的として、今年度も継続して開催することとした。「平成19年度山形県委託女性医師サポート事業(女性医師と女子学生の集いの開催)」として、山形県から450,100円の委託金が決定した。2008年3月開催予定とし、内容については今後検討することとした。
 また、7月に山形大学医学部近くで、少人数の茶話会形式の「集い」も開催することし、日程・会場の調整、参加募集・勧誘を行うこととした。
(5)機関誌(会員エッセー集)を遅くとも2008年3月までに発行することとした。各会員の体験談などを書き、医学生・若い女性医師に向けての情報となることを主たる目的とする。
(6)2006年度予算案は資料2のとおり承認された。機関誌発行費などで、今後変動する可能性あり。

*******************************************  

「山形女性医師ネットワーク」第4回運営委員会
2007年6月10日(日)10:00~10:45
山形市市民活動支援センター「高度情報会議室」
〒990-8580 山形市城西町1-16-1 霞城セントラル23階 TEL 023-647-2260

出席者 7人。他に委任状4通。
総会に先立って、第4回運営委員会を行った。議事内容は、2007年度総会に同じ。

********************************************

資料1
山形女性医師ネットワーク2006年度会計報告       2007年3月31日現在
 会員数 45名 
(新入会 8名(そのうち3名は前年度に入会金・年会費納入済み))
 入会金・年会費納入者数 40名 (うち前年度に納入済み 3名)

会計報告 (2006年4月1日~2007年3月31日)

 収入  入会金 2,000円X 5人分 10,000 円
     年会費 3,000円X37人分 111,000 円
     2007年度年会費一部前納分 2,000円X2人分 4,000 円
銀行利息    57 円

         計 125,057 円

 支出  切手代 48,000 円
     切手代(保育所アンケート調査) 11,200 円
     名入り封筒(1000枚)  8,400 円
     事務用品代 5,081 円
     会合費(6/11・12/3) 5,880 円
     第2回女子医学生・研修医との集い* 2,782 円
 山形市男女共同参画センター登録団体連絡会会費 500 円

         計 81,843 円

収入―支出  125,057 ― 81,843 = 43,214円
    
 前年度繰越金 94,791円 + 今年度残金43,214円 = 138,005円 を次年度へ繰越  
(普通預金137,057円、現金 948円)
  
* 第2回女子医学生・研修医との集いの会計について
  収入 会費(8,000円x22名)    176,000 円
     メディカルミズミーティング共催金   150,000 円
                    計   326,000 円

支出 講師謝礼 瀧野敏子先生         30,000 円
   講師交通費(市内空港)         15,000 円
   航空券                 53,000 円
   タクシー代                620 円
   宿泊代                 9,875 円
   食事代(5,000円x40人分)+看板代  219,385 円
     銀行振込手数料               52 円 
     宅配料                  850 円 
計  328,782 円

収入-支出 326,000 - 328,782 = △ 2,782円
不足分 2,782円をネットワーク会計から補填。

******************************************

資料2
山形女性医師ネットワーク2007年度予算案              

 会員数 2005年度入会  37名
   2006年度入会   8名
   2007年度新入会  2+α名

繰越金  138,005 円 (普通預金137,057円、現金 948円)
      (2007年度年会費一部前納分2,000円X2人分 4,000円を含む)

 収入  年会費 3,000円X43人分+1,000円X2人分 131,000 円
     入会金・年会費(2,000円+3,000円)X10人分 50,000 円 

     山形県委託事業費  451,000 円

         計 632,000 円

繰越金+収入 138,005円 + 632,000円 = 770,005円


 支出  切手代(90円×55人×4+90円×300人×2+α) 60,000 円
     事務用品代 30,000 円
     会合費(茶・軽食など) 10,000 円
     女子医学生・研修医との集い 300,000 円
     機関誌(会員エッセー集)発行  151,000 円
     機関誌郵送代         30,000 円
 山形市男女共同参画センター登録団体連絡会会費   500 円
     予備費*                    188,505 円

         計 770,005 円

(繰越金+収入)―支出  770,005 ― 770,005 = 0円
    

予備費*
 機関誌発行費が、予算よりオーバーした際には予備費より補填する。
***********************************************