「山形女性医師ネットワーク」のお知らせ

2006年度総会・第2回運営委員会議事録

先に報告したように、6月11日に「山形女性医師ネットワーク」の第2回運営委員会と2006年度総会を開催しました。

以下に議事録を示します。

************************************
「山形女性医師ネットワーク」2006年度総会 議事録

2006年6月11日(日)11:00~12:00
山形市市民活動支援センター「高度情報会議室」
〒990-8580 山形市城南町1-1-1 霞城セントラル23階 TEL 023-647-2260

出席者 10人。他に委任状17通。

議事
1.2005年度活動報告
(1)女性医師のパート・非常勤・代診などの就業支援「仕事さがしネット(仮称)」については、登録用紙案の検討を行ったが、実際に運営するには就職斡旋業としての資格が必要となり、現在の「山形女性医師ネットワーク」では困難であることがわかった。今後は、山形県が平成18年度に男性医師も含めた医師職業紹介システム「山形県ドクターバンク事業」を開設・運営していくとのことであり、事業内容(登録項目の検討・運用の仕方など)についてのヒアリングへの協力と、休業中の女性医師に対して「ドクターバンク」へ登録の呼びかけを行うこととした。
 「山形県ドクターバンク事業」の求職登録する病院・医院の登録項目に、院内保育所の有無や、育児支援策の有無があると望ましいとの意見が出た。

(2)保育所、育児支援については、県内の主な公立・私立病院の院内保育所設置状況を調査した。電話での聞き取り調査で、対象17病院のうち、院内保育施設を有するのは7病院で、うち5施設は病院が運営、1施設は父母の会が運営、1施設は外部委託であった。(この他に、1病院では保護者が運営している保育施設があり、1病院では院外に組合保育施設があるとのことだった。)対象年齢は、産休明けから3歳までが3施設、産休明けから3、4歳までが1施設、産休明けから4歳までが1施設、産休明けから就学時までが2施設であった。保育時間は、開始が6:30~8:30、終了が16:00~20:30と日中の勤務時間に合わせたところが多いが、1病院では事前登録すれば24時間対応可能とのことだった。病児保育を行っているのは2施設で、他に2施設が状況により・保育士の判断で可能としていた。また、今年12月に保育所開設予定の山形大学医学部では、運営は外部委託、対象年齢は、産休明けから就学時まで、保育時間は24時間、病児保育は無の予定とのことであった。また、席上、会員から、この他に院内保育所を持つ2病院についての情報が寄せられた。
 院内保育所の充実とともに、病児保育可能な保育所が少なくとも各市町村毎に設置されるのが望ましいとの意見が出た。

(3)会員および非会員医師、学生・研修医の懇親を目的として、「山形女性医師ネットワーク:女子医学生・研修医との集い」を2006年3月14日(火)19:00~21:00、山形グランドホテルで開催した。後藤靖子副知事を講師に招き、講演「私の仕事を振り返ってー仕事を持つ女性へのメッセージ」をいただいた。出席者は46名で、会員16名、非会員医師7名、山形大医学部医学科の3年から5年の学生14名、研修医7名、招待者2名であった。
 
(4)NPO法人「サポート唯」の呼びかけで2005年11月8日「女性や子供、高齢者に対する暴力等(DV及びファミリ-バイオレンス)被害者支援対策打ち合わせ会」に会長が出席した。2005年12月4日の運営委員会で、DV被害者対策担当の委員2名を選任した。2006年3月1日に、山形県開催の「DV被害者支援研修会」(米国オレゴン州の視察研修報告会)に会長・担当委員1名が出席した。今後もこの「DV及びファミリ-バイオレンス被害者支援対策打ち合わせ会」は継続される予定で、参加・協力していく方針である。

(5)当ネットワークについて、取材の申し込みがあり、TVでは「YTSゴジダス」県内ニュース(2005年6月30日、2006年3月15日)で、雑誌では山形の介護・女性情報誌「ほいずん」10月号で報道された。

2.2005年度会計報告
 後記のように事務局から報告されたあと、会計監査役から監査の結果適正であると報告され、承認された。

3.会則改定の検討
 事務局から提案された会則改定案(医学学生・研修医についての入会金・年会費について)を検討し、原案通り、医学部女子学生は「準会員」とし、入会金は2,000円、年会費は無とした。(準会員が医師になって会員となった場合、新たに入会金は不要とする。)研修医は、原案通り、「会員」として扱うこととして、新たな項目は立てないこととした。(新会則はこちら

4.2006年度活動予定および予算案
(1)女性医師のパート・非常勤・代診などの就業支援に関しては、山形県の男性医師も含めた医師職業紹介システム「山形県ドクターバンク事業」に、引き続き、登録項目・運用の仕方などについてのヒアリングへの協力と、休業中の女性医師に対して「ドクターバンク」へ登録の呼びかけを行うこととした。 求職登録する病院・医院の登録項目に、院内保育所の有無や、育児支援策の有無を加えてもらうよう、要請することとした。

(2)保育所・育児支援については、各病院の保育所設置状況や支援策の実態調査を継続することとした。

(3)「女性や子供、高齢者に対する暴力等(DV及びファミリ-バイオレンス)被害者支援対策打ち合わせ会」については、参加・協力を継続していくこととした。

(4)「山形女性医師ネットワーク:女子医学生・研修医との集い」は、会員および非会員医師、学生・研修医の懇親を目的として、今年度も継続して開催することとした。参加費は、学生・研修医は無料が望ましく、協賛企業を募り、プログラムに広告掲載をすることが認められた。また、参加者からの意見・要望を、当日にアンケートで収集することとした。

(5)県医師会への働きかけを継続し、県医師会の中に「女性医師部会」の設置を目指すこととした。

(6)会員をさらに増やすため、各会員が積極的に知り合いの女性医師に入会を働きかけることを確認した。

(7)2006年度予算案は原案のとおり承認された。「女子医学生・研修医との集い」の協賛金などで、今後変動する可能性あり。            


「山形女性医師ネットワーク」第2回運営委員会 議事録
2006年6月11日(日)10:00~10:45
山形市市民活動支援センター「高度情報会議室」
〒990-8580 山形市城西町1-16-1 霞城セントラル23階 TEL 023-647-2260

出席者 9人。他に委任状4通。

総会に先立って、第2回運営委員会を行った。議事内容は、2006年度総会に同じ。

************************************
山形女性医師ネットワーク2005年度会計報告 
   
 会員数 37名 (この他に、2006年度より入会3名)
 入会金・年会費納入者数 35名 
(この他に、2006年度入会金・年会費前納3名)


会計報告 (2004年12月15日~2006年3月31日)

 収入  
入会金・年会費(2,000円+3,000円)X35人分 175,000 円
入会金・年会費(2006年度前受け金 3人分) 15,000 円
寄付(山形女医会繰越金より) 40,000 円
寄付(個人3名)  35,000 円

         計 265,000 円

 支出  
切手代 47,400 円
会長名刺(500枚) 7,350 円
名入り封筒(1000枚)  9,450 円
印鑑  1,134 円
名札(80個)・名札用カラーカード  8,493 円
事務用品代 8,795 円
会合費(茶・軽食など、3/25・6/19・12/4) 5,022 円
女子医学生・研修医との集い* 82,065 円
山形市男女共同参画センター登録団体連絡会会費 500 円

         計 170,209 円

収入―支出  265,000 ― 170,209 = 94,791円
    
繰越金    94,791 円  (普通預金92,000円、現金 2,791円)

  
* 女子医学生・研修医との集いの会計について
収入 
会費(8,000円x23人)    184,000 円

支出 
食事代(5,000円x50人分)+看板代  265,750 円
銀行振込手数料              315 円  
計  266,065 円

収入-支出 184,000 - 266,065 = △ 82,065円
不足分 82,065円をネットワーク会計から補填。

************************************
山形女性医師ネットワーク2006年度予算案              
 会員数 2005年度入会  37名
     2006年度入会扱(2006年3月入金済み)3名
     2006年度新入会 2+α名


繰越金  94,791 円 (普通預金92,000円、現金 2,791円)
      {2006年度入会扱3名の入会金・年会費
       (2,000円+3,000円)X3人分 15,000円を含む}

 収入  
年会費 3,000円X37人分          111,000 円
入会金・年会費(2,000円+3,000円)X10人分 50,000 円 

         計 161,000 円

繰越金+収入 94,791円 + 161,000円 =   255,791円


 支出
切手代(90円×50人×2+90円×200人×2+α) 50,000 円
事務用品代      20,000 円
会合費(茶・軽食など) 5,000 円
女子医学生・研修医との集い*      100,000 円
山形市男女共同参画センター登録団体連絡会会費 500 円
予備費                     80,291 円

         計 255,791 円

(繰越金+収入)―支出  255,791 ― 255,791 = 0円
    

女子医学生・研修医との集い*
 協賛企業を募り、プログラムの広告掲載料の収入を見込んでいるため、変動する可能性あり。