FC2ブログ

「山形女性医師ネットワーク」のお知らせ

山形大学医学部長上野教授にインタビューしました    ~山形大学医学部の新型コロナウイルス感染拡大防止策

 以前ご連絡した通り、今年12月の発行を目指して機関誌YJIN第6巻を編集中です。本日は、YJIN第6巻のメイン企画として、山形大学医学部長上野義之教授にインタビューを行いました。
 上野教授の大学生時代のお話から始まって、学生実習で印象に残ったこと、どのように専攻科目を決定したか、ご自身の子育て、医学生・研修医に臨むことなど、先生のお人柄が溢れた、とても素敵なインタビューになりました。内容はYJIN第6巻で公開しますが、インタビューにあたって山形大学医学部学生の皆様からお寄せいただいた山形大学医学部の新型コロナウイルス感染拡大防止策についての質問への回答を、以下に緊急掲載いたします。

*************************************************
 山形大学医学部では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対しての対策を早くから立ち上げ、5月のゴールデンウィーク明けには感染状況に合わせた各段階ごとの対応指針を決定し、リモートでの講義を再開しました。6月からは感染防除策をとったうえで、臨床実習(立ち合い型)や解剖実習を再開しているとのことです。また、6年生の卒後研修病院の見学や面接については、できるだけリモートで行っていただくよう要請しているとのことです。
 医学部の講義についての最新情報は、山形大学医学部のホームページ在学生用ページで随時更新中とのことです。また、新型コロナウイルス感染症対策関連の情報は教職員用ページに掲載されており、医学部学生もログインしてアクセス可能とのことです。また、山形大学のホームページに「新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) に関するお知らせ」として、学生の行うべき感染対策部活動・サークル活動についての情報が掲載されています。

Q1:後期の授業はどうなるのでしょうか。対面だったらどのように3密対策をするのでしょうか。
A1:現時点では、できるだけ対面で行いたいとの方針で対策中です。1年生は、9月頃に救急の体験実習、トリアージの体験実習を行えるよう準備中です。

Q2:夏休みに実家に帰省した場合、感染者が多い地域から帰ってきた人は2週間自宅で待機が必要ですか。
A2:感染拡大地域に行った場合の2週間自宅待機は、しばらく継続してください。

Q3:学生は大学内で勉強していいですか。
A3:現在は、臨床実習中の5年生と6年生に、実習室を時間を決めて貸し出しています。他の学年については、場所の都合もあり場所の貸し出しについてはまだ検討中です。

その他、医学部学生さんのいろいろな相談には、医学部学務課に相談してくださいとのことです。電話番号は飯田キャンパス(お問い合わせ)に掲載されています。