「山形女性医師ネットワーク」のお知らせ

サマーパーティー2015を開催しました

 先に御案内しましたとおり、昨日7月3日19時から、「パレスグランデール」にて、
第19回山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い「サマーパーティー2015」を開催いたしました。

 「山形女性医師ネットワーク」では、「山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い」として、2006年3月から、年に1回講演会を開催して、会員・一般医師・男女医学生・研修医との交流を行ってまいりました。
 2006年3月2007年3月には特別講師を招いての講演会、2008年3月2009年3月には「山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い」-シンポジウム「女性医師が仕事を続けるためにⅠ・Ⅱ」を、そして、2010年3月2011年1月2012年1月2013年1月2014年1月にも、講演会を開催してきました。

 一方、「山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い」のサマーバージョンとして、2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年2014年と、毎年7月に気軽な茶和会形式の「サマーパーティー」を開催してきました。また、2014年からは、秋にも、同様のオータムフェスティバル2014を開催しています。

 サマーパーティーとして9年目の今回は、山形大学医学部医学科1年生から3年生までの女子医学生9名、山形女性医師ネットワーク会員医師4名、山形県健康福祉部地域医療対策課 医師・看護師確保対策室2名の、計15名の参加がありました。

 会場は、昨年と同じく、山形大学医学部に程近い「パレスグランデール」で、みんなで一つの大テーブルを囲んで、イタリアンのお料理とソフトドリンクをいただきながら、いろいろ語り合いました。恒例の、参加者それぞれの自己紹介「1分間スピーチ」のあと、医学生からの「どの科に進むかはどうやって決めたか」、「出産に適した年齢はあるのか」、「産前産後休暇と育児休業のしくみについて」、「出産後・育児休業後の支援策は実際どのようになっているか」などのさまざまな質問に医師が答え、また医学生の皆様からは、医学部での学生生活の現況などを紹介していただきました。今回は1年生の参加が多く、全国各地から、医師を目指して山形に集まってきた学生さんの抱負を聞きながら、大変楽しく有意義な交流ができました。

 参加された医学生の皆様からのアンケートでは、「女性医師として働き、かつ家庭と両立させている先生方のお話を聞けて貴重な機会だった」、「将来、医師としてどのように働いていくかについてイメージすることができた」、「結婚や出産など遠い話のように思えても知っておきたい話をたくさん聴くことができて楽しかった」、「今まで思っていた女性医師のイメージと異なる点もたくさんわかったので、来て良かった」、「山形県内の女性医師支援が手厚いことがわかったので、郷里に帰らず山形に残ろうかなとも思うようになった。女性医師にやさしい山形のことを友達にも教えてあげたい」など、たくさんの感想をいただきました。

 今後も「サマーパーティー」「オータムフェスティバル」を続けていきたいと考えています。