「山形女性医師ネットワーク」のお知らせ

済生会山形済生病院で「病児保育」開設へ

「病児・病後児保育」については、子育てに欠かせないものとして、このHPでも以前取り上げ、また、2010年3月20日に山形県子ども政策室子育て支援課の主催で開催された「病児・病後児保育事業に関する勉強会」についても報告いたしました。

このたび、2011年2月16日の山形新聞朝刊、および山形新聞ニュースで、山形市にある、済生会山形済生病院が、山形市の委託事業として、病院敷地内で「病児保育」を今年6月に開設することが、報道されました。

山形市沖町の山形済生病院が2011年度、病気の回復期に至っていない幼児を預かる「病児保育」を山形市の委託事業として始めるとのことです。病院敷地内にある病児保育施設は、県内では鶴岡市の三井病院の施設に続き2例目となり、6月の開所を目指しているとのことです。

済生病院の病児保育施設は、病院に隣接する看護師の宿舎を改築して開設し、保育士と看護師が常駐、定員は未就学児3人で、保護者が支払う利用料は1日2000円。同病院以外の医療機関で診察を受けた児童も受け入れるとのことです。

以下、2011年2月16日の山形新聞ニュースを、山形新聞社の許可を得て転載いたします。
*****************************************************************
「病児保育」を山形済生病院に委託 
山形市、敷地内施設は県内2例目

2011年02月16日 15:40

 山形市沖町の山形済生病院(浜崎允院長)は2011年度、病気の回復期に至っていない幼児を預かる「病児保育」を市の委託事業として始める。病院敷地内にある病児保育施設は、県内では鶴岡市の三井病院の施設に続き2例目となる。6月の開所を目指している。

 山形市内では初の病児保育施設。県子育て支援課によると、昨年10月1日現在、県内には病児保育施設が鶴岡市と三川町の計2カ所、病気の回復期にある幼児を受け入れる病後児保育施設は山形、天童、新庄、南陽、酒田の各市の計5カ所ある。ほとんどが保育園や子育て支援施設に設けられており、その保育園・施設を利用していない保護者が足を運びにくかったり、受診後に別の場所に移動しなければならない状況にある。病院敷地内の施設は、診察後すぐに預けることができる利便性と、迅速に診療を受けられる安心感がある。

 済生病院の病児保育施設は、病院に隣接する看護師の宿舎を改築して開設。保育士と看護師が常駐する。現在の計画では、定員は未就学児3人で、保護者が支払う利用料は1日2000円。同病院以外の医療機関で診察を受けた児童も受け入れる。市は、病児保育事業として1615万円を新年度予算案に計上した。施設整備には、国の安心こども基金を活用する。
*****************************************************************