「山形女性医師ネットワーク」のお知らせ

サマーパーティー2010を開催いたしました

先に御案内しましたとおり、本日7月8日19時から、レストラン「トリトン・ブルー」にて、第9回山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い「サマーパーティー2010」を開催いたしました。

「山形女性医師ネットワーク」では、2006年3月2007年3月2010年3月と、特別講師を招いての「山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い」講演会を開催し、さらに2008年3月2009年3月には「山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い」-シンポジウム「女性医師が仕事を続けるためにⅠ・Ⅱ」を開催して、会員・一般医師・男女医学生・研修医との交流を行ってまいりました。
一方、2007年7月2008年7月2009年7月には、気軽な茶和会形式の「サマーパーティー」を開催してきました。

サマーパーティーとしては4年目の今回は、山形大学医学部医学科1年生から5年生までの医学生30名(うち男子医学生4名)、山形市内の病院の女性研修医1名、山形女性医師ネットワーク会員医師5名、その他1名の計37名の参加がありました。今年は特に、サマーパーティーとしては初の4名の男子医学生の参加もあり、活気あふれて楽しい会になりました。

学生さんからは、「学生時代に行う病院見学のポイントは?」「出産は何歳ころ、どんなタイミングで行ったか」、「家事・子育てに夫がどのくらい参加しているか」、「将来レディースクリニックを開業したいが、どんなことが大事か」などの質問が出され、医師がそれぞれの体験談などを話しました。

学生さんからは、今年も9月30日に学生主催講演会を企画していることが発表されました。また、今年行われる第一回医学部文化祭の10月10日に、出産ドキュメンタリー映画「うまれる」の先行上映会を行う予定とのことで、山形女性医師ネットワークも後援させていただくことにいたしました。ずっと以前は医学部祭があり、その復活は大変嬉しいものです。今の山形大学医学部医学科では、1‐3年生の女子の比率は1学年125人定員のうち25‐30人と、数年前の40-50%よりだいぶ低くなっているとのことでした。

私たち医師も学生さんからいろいろな情報を得て、大変有意義で、楽しい時間を過ごしました。
また、今後も「サマーパーティー」を続けていきたいと考えています。