「山形女性医師ネットワーク」のお知らせ

サマーパーティー2009を開催いたしました

先に御案内しましたとおり、本日7月16日19時から、レストラン「トリトン・ブルー」にて、第7回山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い「サマーパーティー2009」を開催いたしました。

「山形女性医師ネットワーク」では、2006年3月2007年3月と、特別講師を招いての「山形女性医師ネットワーク:女子医学生・研修医との集い」を開催し、さらに2008年3月2009年3月には「山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い」-シンポジウム「女性医師が仕事を続けるためにⅠ・Ⅱ」を開催して、会員・一般医師・男女医学生・研修医との交流を行ってまいりました。

一方、2007年7月2008年7月には、気軽な茶和会形式の「サマーパーティー」を開催しております。

サマーパーティーとしては3年目の今回は、山形大学医学部医学科2年生から5年生までの女子医学生20名、山形女性医師ネットワーク会員医師7名、その他2名の計29名の参加があり、例年にもまして和やかな雰囲気で楽しい会になりました。

学生さんからは、「結婚・出産はいつごろがよいか」、「家事・子育てに夫の協力を得るためには?」、「女性医師に対する風当たりの強さを感じたことはあるか」、「女性でよかったと感じること」、「専攻とする科をどうやって選択したか・いつごろ決定したか」、「山形で医師をしている理由」などの質問が出され、医師がそれぞれの体験談などを話しました。
専攻科の選択については、現在の臨床研修制度の中で、学生さんがいろいろ考え悩んでいることがうかがわれました。また、山形大学医学部では、2年生がカリキュラムが一番つまっていて大変なこと、4年半ばからの臨床実習開始は全国医学部の中でも非常に早く、特徴あるカリキュラムであることなどを知ることができました。

学生さんからは、今年も10月頃に学生主催講演会を企画していることが発表され、大変心強く思いました。

また、今後も「サマーパーティー」を続けていきたいと考えています。