「山形女性医師ネットワーク」のお知らせ

日本医師会女性医師支援センター・シンポジウムが開催されました

5月30日(土)に、「日本医師会女性医師支援センター・シンポジウム」が東京・日本医師会 大講堂で開催されました。
開催案内はこちら

シンポジウムについての記事が、MTproに掲載されていましたので、概略を紹介いたします。当HPでも先に紹介した、日本医師会が行った「女性医師の勤務環境の現況に関する調査報告書」についての詳細な検討が行われたようです。
http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtpronews/0906/090603.html?ap

(以下MTproの記事を引用)

病床規模が大きい病院ほど休みがとりにくく,子育てに非協力的―。こんな現実が,日本医師会の「女性医師の勤務環境の現況に関する調査」の結果報告で明らかになった。同会が4月の会見で発表した集計結果をさらに詳しく解析したもので,日本医師会女性医師支援センターが5月30日に開いたシンポジウム「女性医師の更なる活躍のために」で,同センターマネージャーの保坂シゲリ氏が報告した。女性医師の現状を把握する初の全国調査。今後,女性医師の支援を推進するうえでの基礎データとして注目される。

「職場は子育てに協力的か」の問いに対して,「はい」と答えたのは全体の32.8%。これを病床規模別にみると,50床未満,50~99床ではそれぞれ50.0%,51.2%と半数を超えた。しかし,病床規模が大きくなるにつれて「はい」の割合が減少,400床以上になると「いいえ」と答えた人の割合のほうが高くなり,1,000床以上の大規模病院では,「はい」(23.8%)よりも,「いいえ」(33.8%)が大きく上回る結果となった。

 ちなみに,病院の開設主体別で「職場は子育てに協力的である」と答えた医師の割合が高かったベスト3は,公益法人(58.6%),医療法人(48.3%),個人(47.7%)。ワースト3は,社会保険団体関係(22.2%),学校法人(22.3%),公的医療機関(24.8%)。

 月休の消化状況を病床規模別にみたクロス集計からも,大規模病院の苛酷な勤務状況が明らかになった。50床未満の病院に勤務する女性医師の74%が月休を完全消化あるいはほぼ消化しているのに対して,病床規模が500床を超えると30%台にとどまっており,規模が大きくなるほど休みが少なくなる実態が明らかになった。

調査結果からは,女性医師の70.4%が医師と結婚していることもわかったが,配偶者が医師の場合は,家事・育児に協力しない割合が高いことも明らかになった。

 配偶者の職業と年齢別に家事・育児への協力度を解析した結果,20歳代の夫婦では60.1%が「十分・おおむね十分」と回答。配偶者が医師以外の場合は75.0%と高く,「まったく協力しない」は1.1%にすぎなかった。ところが年齢が高くなるにつれ,夫の協力度は低くなり,とくに夫が医師の場合,40歳代以上になると,「不十分・どちらかというと不十分」の割合のほうが「十分・おおむね十分」を大幅に上回る結果となった。


(引用ここまで)

このような実態調査が、働く女性医師・さらには男性医師の勤務状況の改善につながるよう、私たちも活動を続けて行こうと思います。