FC2ブログ

「山形女性医師ネットワーク」のお知らせ

講演会 第3回「Lifestyle-related Disease Seminar ~女性の健康を考える~」を開催しました

 先に御案内しましたとおり、11月20日(火)18時45分から、山形国際ホテルにて、講演会 第3回「Lifestyle-related Disease Seminar ~女性の健康を考える~」を開催いたしました。

 「山形女性医師ネットワーク」では、「山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い」として、2006年3月から、年に1回講演会を開催して、会員・一般医師・男女医学生・研修医との交流を行ってまいりました。2006年3月2007年3月には特別講師を招いての講演会、2008年3月2009年3月には「山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い」-シンポジウム「女性医師が仕事を続けるためにⅠ・Ⅱ」を、そして、2010年3月2011年1月2012年1月2013年1月2014年1月に、講演会を開催してきました。
 一方、「山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い」のサマーバージョンとして、2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年2014年2015年2016年2017年2018年と、毎年7月に気軽な茶和会形式の懇親会「サマーパーティー」を開催しています。懇親会形式が好評のため、2014年度からは、冬の講演会の代わりに、秋の「オータムフェスティバル」2014年2015年に、2016年度は2017年2月に「ウィンターフェスティバル2017」「ウィンターフェスティバル2018」を開催しています。

 2014年から講演会が一時途絶えていましたが、2016年からは、新たに、田辺三菱製薬株式会社・第一三共株式会社との共催で、2016年11月2017年11月講演会「Lifestyle-related Disease Seminar ~女性の健康を考える~」を開催し、生活習慣病に関連する基礎研究・臨床研究を行っている山形県内外の女性医師を演者にお招きして御講演をいただいています。ご好評に答えて、このたび第3回の「Lifestyle-related Disease Seminar ~女性の健康を考える~」を開催しました。

 第3回目の今回は、山形大学医学部内科学第三講座 病院助教 髙窪 野恵 先生から、『「CDE-Yamagataの創設について』、宮城県栗原市立栗原中央病院 内科部長 木田 真美 先生から、『SGLT2阻害薬を使ってみたらこんなメリットが!』、の2つの講演をいただきました。それぞれ、ご専門の立場から、専門分野外の医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士・医学生などにもわかりやすく、かつ最先端の領域まで詳しく解説していただき、大変勉強になりました。
 参加は、医師10名(男性1名、女性9名)、医学生3名(女性3名)、看護師・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士などのメディカルスタッフ11名(男性2名、女性9名)の計24名でした。
 
 高窪先生の御講演のテーマのCDE-Yamagataとは、Certified Diabetes Educator of Yamagata (山形糖尿病療法指導士)のことで、今年度から認定制度が開始されました。CDE-Yamagataの公式ホームページの委員長あいさつによれば、
 糖尿病が疑われる人は全国で1,000万人にのぼると推計され、山形県でも10万人前後の患者数が示唆されます。糖尿病は他の疾病と異なり、食事や運動などの生活習慣との関わりが強いうえに、薬物療法を含めた在宅療養が長期に及ぶことから、療養生活が治療の成否を決める重要な鍵になります。しかし、これほど多くの糖尿病患者さんに専門的かつ適切な療養指導を医師のみで行うのには限界があるため、この指導を担う役割として誕生したのが、糖尿病療養指導士(Certified Diabetes Educator:CDE)制度です。
 CDEは糖尿病の専門的知識を有し、それぞれの患者ごとに適した療養生活を指導できる専門医療職を養成する制度として、米国で始まりました。わが国でも日本糖尿病療養指導士認定機構がCDE(Certified Diabetes Educator of Japan:CDEJ)を認定しています。しかしながら、受験資格に医療職としての国家資格と、糖尿病学会の医師会員が勤務する病院や診療所での勤務歴が必要であり、この制約のために資格取得が狭き門となっています。一部の県では、CDEJの発足以前から一定の知識を有し実際に糖尿病患者の指導を行っている医療職者を、県単位や地域単位で地域糖尿病療養指導士(Local Certified Diabetes Educator:LCDE)として認定してきました。糖尿病学会の医師会員がいない医療機関に勤務する看護師や調剤薬局の薬剤師などにも受験資格を認め、門戸を広げています。
 このたび、山形県でもLCDEの認定委員会を立ち上げました。糖尿病に関わりを持つ医療者であれば、講習会と認定試験の受講・受験資格を認め、幅広い職種の方々に山形糖尿病療養指導士(Certified Diabetes Educator of Yamagata:CDE-Yamagata)として参加できる制度にしています。この制度により、県内の医療者の糖尿病専門知識が向上し、療養指導による糖尿病患者の自己管理能力並びに生活の質改善が図られるように努めてまいります。そして、将来的には、山形県民に幅広く糖尿病の正しい知識が普及・啓発され、県民の健康増進に繋がる活動になると期待しております。

と記載されています。
 CDE-Yamagataの認定講習会の受講資格は、医師、歯科医師、薬剤師、看護師、准看護師、保健師、助産師、管理栄養士、栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、臨床検査技師、歯科衛生士、歯科技工士、臨床心理士、社会福祉士、介護士、介護福祉士、介護支援専門員、医療クラーク等の医療職、介護職の者で、上記の資格取得後、2年以上の業務経験を有していることとなっており、幅広い職種を対象としていることが、特徴の1つとのことです。
 高窪先生は、山形大学医学部内科学第三講座内に設置された山形糖尿病療養指導士認定委員会の担当として、制度・委員会の立ち上げや認定講習会の準備・運営に携わっておられ、糖尿病療養指導士・地域糖尿病療養指導士の制度の解説や、CDE-Yamagata 山形糖尿病療養指導士の認定制度の進行状況と今後の目標などをご講演いただきました。

 木田先生の講演では、消化器専門医、とくに肝臓専門医、さらに糖尿病専門医としての豊富な臨床経験を元に、糖尿病治療の実際について、食事療法・生活指導から薬物療法まで詳しく御解説いただきました。とくに、この数年に発売された新しい機序の糖尿病治療薬SGLT2阻害薬心血管病の発症抑制効果も持つだけでなく、腎臓病の進展抑制効果も証明され、さらに現在はNAFLDなどの肝臓病に対する効果も期待され検討されていることをお話いただきました。また、糖尿病治療における病院と診療所、施設等の地域連携の重要性と、基幹病院として果たす役割をお話いただき、大変感銘を受けました。

 大変興味深い内容で勉強になったとともに、女性医師がそれぞれに活躍されている様子を知って、同じ女性として大変心強く思いました。
 今後も、みなさまに興味を持っていただけるテーマを選んで、年1回開催していきたいと考えております。

**********************************************************************
            講演会プログラム
「Lifestyle-related Disease Seminar ~女性の健康を考える~」
日時:2018年11月20日(火)18:45~20:30
場所:山形国際ホテル 
    〒990-0039 山形市香澄町3-4-5 TEL:023-633-1313 

基調講演:『「CDE-Yamagataの創設について
*CDE-Yamagata: Certified Diabetes Educator of Yamagata (山形糖尿病療法指導士)
  山形大学医学部内科学第三講座 病院助教   髙窪 野恵 先生
 
特別講演:『SGLT2阻害薬を使ってみたらこんなメリットが!
  栗原市立栗原中央病院 内科 部長     木田 真美 先生 

会費:無料
(会費は、山形女性医師ネットワーク会員・一般医師1,000円、学生・研修医・メディカルスタッフは無料と予定していましたが、臨時託児の申込みがありませんでしたので、山形女性医師ネットワーク会員および一般医師も無料といたしました。)
LDseminar2017LDseminar2017