「山形女性医師ネットワーク」のお知らせ

山形大学医学部長へ女性医師支援・ワークライフバランス支援の専門部署設置の要望書を提出しました

 山形大学医学部では、2007年1月に24時間保育所が開設されました。また2013年1月の「第14回山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い」で紹介されたように、短時間勤務制度(短時医員(非常勤)・短時助教(常勤))、女性研究者の仕事の事務的な支援などをしてくれる研究継続支援員制度、相談者・ロールモデルとしてのメンター制度などのさまざまな支援策が行われているとのことです。一方、他の大学のような、女性医師支援センター・男女共同参画センター・ワークライフバランス支援センター等の専門部署が設置されていないため、医学部に勤務する医師や医学部生には支援の全容が解りにくくなっていると思われます。

 今年5月13日の2018年度総会で、山形大学医学部に、女性医師支援や、広く男女医師を対象とした働き方支援の専門の担当部局を設置し、大学としてより積極的に問題に取り組んでいくことを働きかけることが決議されました。

 7月5日に当ネットワークの会長・副会長が、山下英俊山形大学医学部長に面会し、以下の要望書を提出いたしました。

*****************************************************************************
              要望書
                          2018年7月5日
山形大学医学部
学部長 山下英俊 様

山形女性医師ネットワークは、山形県内で勤務・開業・在住する女性医師の生活と仕事を支援する目的で、女性医師有志によって2005年6月に設立され、活動を続けてまいりました。
将来医師となる医学生の、身近なロールモデルとして少しでも役に立てるよう、当ネットワークでは、「医学生・研修医との集い」として、2006年3月より講演会、シンポジウム、懇親会(サマーパーティー・オータムフェスティバル・ウインターフェスティバル)を、定期的に開催してまいりました。2013年1月、2014年1月の「医学生・研修医との集い」講演会では、貴学部の後援のもと、山形医学交流会館で開催させていただき誠にありがとうございました。貴学部の男女医学生、研修医、医師の皆様に今まで多数御参加いただきましたこと、大変感謝申し上げます。

 現在、山形大学医学部を初めとして、医学生・新卒医師における女性の割合は30-50%へ増加しています。一方、臨床研修制度、新専門医制度の開始により、卒後教育および専門医までの過程は長期化し、とくに女性医師においては、結婚・妊娠・出産・育児などのライフイベントとの兼ね合いがさらに難しくなることが予想され、女性医師の働きやすい環境づくりやライフプランニングの支援が重要と思われます。全国的には、各大学・県・県医師会が中心となって支援体制を整えており、各大学では女性医師支援センター・男女共同参画センター・ワークライフバランス支援センターなどが設立され支援にあたっていますが、貴学部では、女性医師支援を担当する明確な部署がないとのことです。
 また、2017年9月に日本医師会女性医師支援センターが主催した、大学医学部・医学会女性医師支援担当者連絡会では、全国82大学医学部・医科大学中、58大学が出席、24大学が欠席でしたが、大学から出席のない県では県医師会より出席があり、大学からも県医師会からも出席がないのは、山形県1県のみでした。

山形県の医療環境の保持・向上には医師確保が必須であり、女性医師の働きやすい環境づくりやライフプランニングの支援は急務だと思われます。既に2010年9月には、当時検討されていた医学部教育のモデル・コア・カリキュラム改訂に合わせ、当ネットワークから山形大学医学部長様宛に、カリキュラムに男女共同参画やワークライフバランスについての講義を組み入れていただきますよう要望書を提出しております。現況の中で、山形大学医学部におかれましては、女性医師支援・広く男女医師を対象としたワークライフバランス支援の担当部署を早急に構築し、今まで行われている支援を集約した上で、さらに推進していただけますよう、ここに要望いたします。

 最後になりますが、山下英俊医学部長におかれましては、日本専門医機構の副理事長であり、このたび2018年5月に全国医学部長病院長会議(AJMC)の新会長に就任され、卒前・卒後のシームレスな医師養成に力を入れていくと表明されたとお聞きしました。是非、山形大学医学部における女性医師支援・ワークライフバランス支援の専門部署を、早急に設置していただけますよう重ねて要望いたします。
 
                  山形女性医師ネットワーク 会長
*****************************************************************************

 医学部長、病院長、教授1名のお三方と面会をさせていただきました。2017年9月の日本医師会女性医師支援センター主催の大学医学部・医学会女性医師支援担当者連絡会には、教授1名が出席予定であったが、事情により出席できなくなったとのことでした。女性医師支援・ワークライフバランス支援の専門部署が設置されていれば、そのような状況でも事務担当者が出席できたと思われ、やはり専門部署の設置が望ましいと考えられます。
 
 山形大学医学部で積極的な取り組みが行われることを期待いたします。
 

サマーパーティー2018を開催しました

 先に御案内しましたとおり、7月5日18時30分から、「手打蕎麦 地鶏料理 はなび」にて、第25回山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い「サマーパーティー2018」を開催いたしました。

 「山形女性医師ネットワーク」では、「山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い」として、2006年3月から、年に1回講演会を開催して、会員・一般医師・男女医学生・研修医との交流を行ってまいりました。2006年3月2007年3月には特別講師を招いての講演会、2008年3月2009年3月には「山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い」-シンポジウム「女性医師が仕事を続けるためにⅠ・Ⅱ」を、そして、2010年3月2011年1月2012年1月2013年1月2014年1月にも、講演会を開催しました。
 2013年から講演会が一時途絶えましたが、2016年からは、新規の企画として、講演会「Lifestyle-related Disease Seminar ~女性の健康を考える~」を製薬会社との共催で、2016年11月2017年11月に開催しています。生活習慣病に関連する基礎研究・臨床研究を行っている山形県内外の女性医師を演者にお招きして御講演をいただき、男性を含めた参加者の皆さまに各分野のさまざまな観点から御討論いただいています。

 一方、「山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い」のサマーバージョンとして、2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年2014年2015年2016年2017年と、毎年7月に気軽な茶和会形式の懇親会「サマーパーティー」を開催してきました。
 懇親会形式が好評のため、2014年度からは、秋にも、同様の「オータムフェスティバル」2014年2015年に開催しました。2016年度からは、秋に講演会を開催したため、「オータムフェスティバル」に代わって、2月に「ウィンターフェスティバル2017」「ウィンターフェスティバル2018」を開催しました。

 今年度も、「サマーパーティー2018」を2018年7月5日(木)18時30分から、昨年同様に山形大学医学部に近い、成沢西の「手打蕎麦 地鶏料理 はなび」で開催しました。山形大学医学部医学科1年~3年の女子医学生8名、山形女性医師ネットワーク会員医師7名の、計15名の参加がありました。お店の奥の個室のテーブル席を会場に、手打蕎麦と地鶏料理、お酒やソフトドリンクをいただきながら、和やかな雰囲気の中で、いろいろ語り合いました。

 参加者それぞれの自己紹介「1分間スピーチ」のあと、学生さんからは現在の学生生活のあれこれ、とくにカリキュラムが学年ごとに違うくらいに年々変化していってなかなか大変なこと、実習の感想、将来の専攻科目についての思いなど、いろいろ聞かせていただきました。医師からは、日頃の仕事内容や、最近興味を持っていること、医師会活動・一般市民に向けての活動、子育てや家庭生活についてなどいろいろな話題が出ました。また、学生さんのリクエストに答えて、どのように専攻科目を決定したかをそれぞれの医師がお話しました。一つの大テーブルを囲んで、親しくお話ができましたが、離れた席の方と直接お話しする機会が少なかったかもしれません。

 参加された医学生の皆様からのアンケートでは、「先生方からお仕事のことや専門を決めたときのことなど普段の講義では聞くことのできないお話を聞くことができ、自分の将来について考えるきっかけとなりました」「先輩方がどのようにして科を選択したかのお話はとくに興味深く聞かせていただきました」「女性医師ならではの経歴や子育てのお話を伺えてとても貴重な機会でした」「ご自身の仕事に誇りと責任を持ち輝いておられる皆様にお会いし、自分も将来こんな素敵な医師になりたいと思いました」「少人数なので話しやすい雰囲気もあり、とてもよかったです」など、たくさんの感想をいただきました。

 今後も「サマーパーティー」「ウィンターフェスティバル」や講演会企画を続けていきたいと考えています。

サマーパーティー2018の申込みは6月25日です

前回、ご案内したとおり、第25回山形女性医師ネットワーク医学生・研修医との集い「サマーパーティー2018」を7月5日(木)18:30~21:30に、成沢西の「手打蕎麦 地鶏料理 はなび」で開催します。参加の方は6月25日までにお申込み下さい。詳しくはこちらをご覧下さい。

サマーパーティー2018の御案内

 「山形女性医師ネットワーク」では、「山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い」として、2006年3月から、年に1回講演会を開催して、会員・一般医師・男女医学生・研修医との交流を行ってまいりました。2006年3月2007年3月には特別講師を招いての講演会、2008年3月2009年3月には「山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い」-シンポジウム「女性医師が仕事を続けるためにⅠ・Ⅱ」を、そして、2010年3月2011年1月2012年1月2013年1月2014年1月にも、講演会を開催しました。
 2013年から講演会が一時途絶えましたが、2016年からは、新規の企画として、講演会「Lifestyle-related Disease Seminar ~女性の健康を考える~」を製薬会社との共催で、2016年11月2017年11月に開催しています。生活習慣病に関連する基礎研究・臨床研究を行っている山形県内外の女性医師を演者にお招きして御講演をいただき、男性を含めた参加者の皆さまに各分野のさまざまな観点から御討論いただいています。

 一方、「山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い」のサマーバージョンとして、2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年2014年2015年2016年2017年と、毎年7月に気軽な茶和会形式の懇親会「サマーパーティー」を開催してきました。
 懇親会形式が好評のため、2014年度からは、秋にも、同様の「オータムフェスティバル」2014年2015年に開催しました。2016年度からは、秋に講演会を開催したため、「オータムフェスティバル」に代わって、2月に「ウィンターフェスティバル2017」「ウィンターフェスティバル2018」を開催しました。

 今年度も、「サマーパーティー2018」を2018年7月5日(木)18時30分から開催いたします。会場は、昨年と同じ、山形大学医学部に近い、成沢西の「手打蕎麦 地鶏料理 はなび」です。手打蕎麦と地鶏料理や季節の料理、お酒やソフトドリンクをいただきながら、いろいろ語り合いましょう。多数のご参加をお待ちしています。

 参加のお申し込みは、事務局(yamajoseiishinet@yahoo.co.jp)へ、氏名・御所属・電話番号をメールにて、6月25日までに御連絡下さい。会員の皆様には、ご案内を郵送いたしますので、同封の申込用紙をFAXまたは郵送していただいても結構です。山形大学医学部学生の方は、連絡係の方に、学年・氏名を御連絡いただいても大丈夫です。

              記
第25回「山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い」
       サマーパーティー2018

日時:2018年7月5日(木)18:30~21:30
場所:「手打蕎麦 地鶏料理 はなび」「手打蕎麦 地鶏料理 はなび」(公式サイト)
    〒990-2339 山形市成沢西2-8-27
    TEL 023-688-8750  
会費:5,000円(山形女性医師ネットワーク会員、および一般医師)
   学生・研修医は無料

2018年度総会を開催しました

 本日、5月13日、案内しておりましたとおり、「山形女性医師ネットワーク」の2018年度総会を霞城セントラル内の山形市市民活動支援センターにて開催しました。

 2017年度の活動報告、2017年度の会計報告および会計監査報告が行われ、決算が承認されました。2018年度の活動予定および予算案が検討され決定しました。
 
 「サマーパーティー2018」は、2018年7月5日(木)に、成沢西の「手打蕎麦 地鶏料理 はなび」にて開催します。詳細については、こちらをご覧ください。

 総会終了後12:00~14:00、霞城セントラル24階「旬菜四季 ひろぜん」で懇親会を行いました。

 以下に議事録を掲載いたします。

*************************************************
「山形女性医師ネットワーク」2018年度総会 議事録
日時:2018年5月13日(日)11:00~12:00
場所:霞城セントラル22階 山形市市民活動支援センター「会議室B」
〒990-8580 山形市城南町1-1-1 TEL 023-647-2260
(12:00~14:00懇親会 霞城セントラル24階「旬菜四季 ひろぜん」TEL 023-685-8760会費2500円)

出席者7名。他に委任状14通。/正会員35名(名誉会員4名を除く)の過半数を満たした。
懇親会のみ出席: 山形大学医学部医学科学生3名。

議事:
1. 2017年度の活動報告
(1)5月13日(土)・14日(日)に高松市で開催された第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術集会のワークショップ『今、私たちの求めるサポートとは?キャリア支援プログラムを知ろう!語ろう!』で、当ネットワークの副会長が「山形女性医師ネットワークYJINの活動」を発表した。

(2)6月11日(日)11:00~12:00に2017年度総会を、霞城セントラル22階 山形市市民活動支援センター「会議室B」で開催した。出席者6名。他に委任状14通。会員総数36名(名誉会員4名を除く)の過半数を満たした。オブザーバーとして山形大学医学部医学科学生3名が参加した。総会終了後の12:00~13:00、霞城セントラル24階「旬菜四季 ひろぜん」で懇親会を行った。

(3)7月6日(木)18:30~21:00に第23回医学生・研修医との集い「サマーパーティー2017」を、成沢西の「手打蕎麦 地鶏料理 はなび」で開催した。山形大学医学部医学科1年生から5年生までの女子医学生18名、山形女性医師ネットワーク会員医師4名、会員外の女性医師2名の計24名が参加した。

(4)11月16日(木)18:45~21:00ホテルメトロポリタン山形で、製薬会社2社との共催で、
「第2回 女性の健康を考える講演会 Lifestyle-related Disease Seminar」を開催した。川合厚子先生から、『喫煙が健康に与える影響と対策、最新情報』、名古屋大学大学院医学系研究科循環器内科学講師 坂東泰子先生から、『女性のライフサイクルと心血管病 -糖尿病合併症管理のためのoverview-』、の2つの特別講演をいただいた。医師12名(男性1名、女性11名)、医学生、看護師・薬剤師・栄養士などのメディカルスタッフ、計34名が参加した。臨時託児については、山形女性医師ネットワークの事業として「クレアママメイドサービス」に委託し、ホテル内の別室で、0歳から12歳までのお子様を対象とした臨時託児を行う予定であったが、申込者がなく実施しなかった。

(5)2018年2月8日(木)18:30~21:00に第22回医学生・研修医との集い「ウィンターフェスティバル2018」を「手打蕎麦 地鶏料理 はなび」で開催した。山形大学医学部医学科3年生から4年生までの女子医学生4名、山形女性医師ネットワーク会員医師5名の計9名が参加した。

(6)2018年2月18日(日)11:00~15:30に霞城セントラル 1階アトリウム・4階保健センターで開催された、山形市市民活動支援センター連絡協議会主催の「第10回やまがた市民活動まつり」にブース出展した。会員3名が参加した。

2.2017年度の会計報告
 資料1のとおり事務局から報告され、会計監査役より、会計監査役の監査の結果適正であったことが報告され、承認された。

3.2018年度の活動予定・予算案の検討
(1)「山形女性医師ネットワーク:医学生・研修医との集い」は、会員および非会員医師、学生・研修医の懇親を目的として、継続して開催する。7月に「サマーパーティー2018」を開催し、状況を見て秋もしくは冬に「オータムフェスティバル2018」または「ウィンターフェスティバル2019」を開催する予定とした。
第25回「サマーパーティー2018」は7月5日(木)18時30分から、山形大学医学部近くの成沢西の「手打蕎麦 地鶏料理 はなび」にて開催することを決定した。

(2)「女性の健康を考える講演会 Lifestyle-related Disease Seminar」は、昨年と同様に製薬会社との共催で開催するように準備中である。詳細が決定次第連絡することとした。

(3)他都道府県では、女性医師支援の活動は、各医学部あるいは医科大学が中心になって行われていることがほとんどである。http://www.med.or.jp/joseiishi/links.html
2017年9月に開催された日本医師会女性医師支援センター主催(共催:日本医学会連合)の大学医学部・医学会女性医師支援担当者連絡会「―よりよい男女共同参画を目指して―」に所属学会の担当者として出席した当ネットワーク会員から、会議には各大学医学部から担当者が出席していたが、山形大学医学部からの出席はなく、出席がないのは数大学のみであったことが報告された。

【2018年5月27日追記】
会議資料を入手し調査した結果、2017年9月29日の大学医学部・医学会女性医師支援担当者連絡会には、全国82大学医学部・医科大学中、58大学が出席、24大学が欠席であったが、大学から出席者のない県では県医師会より出席者があり、大学からも県医師会からも出席がないのは、山形県1県のみであったことが判明した。


山形大学医学部に、女性医師支援や、広く男女医師を対象とした働き方支援の専門の担当部局を設置することと、大学としてより積極的に問題に取り組んでいくことを働きかけ、さらに関係各所にも働きかけをしていくことを決議した。

(4)2018年度予算案は資料2のとおり承認された。

4. その他
(1)6月28日-7月1日福岡で開催される日本リハビリテーション医学会第55回学術集会で、6月29日昼にリハビリテーション科女性医師ネットワーク(RJIN)委員会主催の第19回RJIN懇親会in九州と、企画イベント「纏う伝統、きものを楽しみましょう」が開催され、当ネットワーク会員がイベントを担当することが紹介された。

*************************************************
資料1
山形女性医師ネットワーク2017年度会計報告 (2017年4月1日~2018年3月31日)
  会員数35名 +名誉会員5名 今年度入退会 0名(昨年度末退会1名、会員→名誉会員1名)
    入会金・年会費納入者数 27名 

会計報告(2017年4月1日~2018年3月31日)
 収入   年会費 5,000円X22名 110,000 円
     2016・2017年会費(10,000円)X2名 20,000 円
     2014~2017年会費(16,000円)X1名 16,000 円
     2009~2017年会費(31,000円)X1名 31,000 円
     2017・2018年会費(10,000円)X1名 10,000 円
      会費小計               187,000 円

     サマーパーティー会費(5,000円x6名)      30,000 円
     ウィンターフェスティバル会費(5,000円x5名) 25,000 円
     講演会LDセミナー参加費(1,000円x11名)    11,000 円
     総会懇親会費(2,500円x5名)       12,500 円
     銀行利息              2 円
________________________________________
     計     265,502 円

 支出  サマーパーティー費             122,000 円
     ウィンターフェスティバル費          45,000 円
     サマーパーティータクシー代(学生送迎)  2,490 円
     総会懇親会費(学生分含)         15,600 円
     市民活動まつり用キャンディ        2,172 円
     切手代(82円x150、50円x50)      14,800 円
     ゆうパック(1380円+1010円)        2,390 円
     クリックポスト(164円x19)        3,116 円
     コピー代                  280 円
     文具代                   4,686 円
     山形市市民活動支援センター連絡協議会年会費   1,000 円
     やまがた市民活動まつり参加費          1,000 円
________________________________________
     計 214,534 円

収入―支出  265,502 ― 214,534 = 50,968円

前年度繰越金 263,975 円+(収入―支出)= 314,943円
(普通預金 297,525円、現金 17,418円)

*************************************************
資料2
山形女性医師ネットワーク2018年度予算                        
会員数 35名+名誉会員5名(2017年度末退会1名;2018年度入会1名)
   
繰越金  314,943 円 (普通預金 297,525円、現金 17,418円)
      
収入   年会費 5,000円X25人分  125,000 円
     入会金・年会費(2,000円+5,000円)X2人分 14,000 円 
     サマーパーティー参加費   30,000 円
     ウィンターフェスティバル参加費  30,000 円
    ________________________________________
         計 199,000 円

繰越金+収入 314,943円 + 199,000円 = 513,943円

支出   切手代・メール便代・宅配代 25,000 円   
     事務用品代   10,000 円
     封筒・名刺印刷代   10,000 円
     会合費(茶・軽食など)   10,000 円
     サマーパーティー   150,000 円
     ウィンターフェスティバル  80,000 円
     山形市市民活動支援センター連絡協議会会費 1,000 円
     市民活動まつり参加費  1,000 円
            (小計 287,000 円)

     予備費       226,943 円
________________________________________
         計      513,943 円

(繰越金+収入)―支出  513,943 ― 513,943 = 0円
*************************************************